【妊活サプリ「ベジママ」の特長】

ピニトールとルイボスが特徴成分

 

葉酸サプリ「ベジママ」の公式サイトはコチラ

 

ベジママの特徴

葉酸400μgの基本スペックは押さえており、ビタミンB12が入っている点も評価できます。

 

葉酸は造血作用で重要な役割を果たしますが、その際、ビタミンB12も不可欠なのです。

 

あと、ビタミンCやEは一般的な成分です。

 

他社製品と異なる特徴的な成分は、ピニトールとルイボスでしょう。

 

ピニトール
  • 血糖値改善作用や肝機能改善効果を持つ物質。
  • 原料は工場栽培したアイスプラント。
ルイボス
  • ルイボスティーの原料。
  • 南アフリカ産のマメ科植物でフラボノイドを多く含み、抗酸化作用を持つ。
  • 還元作用が高く、亜鉛・カリウム・マンガンなど、ミネラルが豊富。

 

アイスプラントは、表面に塩の結晶ができて凍り付いたように見える植物。

 

塩分に強く、短期間で成長するので注目されており、野菜としても売られています。

 

アイスプラントもピニトールも興味深いのですが、妊活サプリに入れる必然性は今一つはっきりしない気もします。

 

どちらかといえば、生活習慣病対策サプリに向きそうな成分です。

 

しかし、興味がある向きは試してみるのもいいでしょう。