【葉酸の服用上限量と過剰症の副作用】

サプリは決められた摂取量を守りましょう

 

イチオシの葉酸サプリはコチラ

 

非常識なガブのみをしなければ安全

葉酸が赤ちゃんを先天障害から守ってくれるものだということはわかった。

 

では葉酸の飲みすぎで副作用はないのか?

 

当然、そういうことが気になってきますね。

 

最近の情報を見ていると、共通して1日1000μgまで、それ以上は医師の指示を受けて摂るべき、となっています。

 

統計によると食事から摂っている葉酸は平均200〜300μg程度ですから、1日分400μgのサプリを飲んでも、合計は600〜700μg。

 

まず、1000μgを超えることはないですから、使用量を守っていれば大丈夫です。

 

 

厚労省の以前の資料を見ていると、1日5000μgまでの摂取なら問題は起きなかったという米国での臨床結果についての言及も見られます。

 

1000μgをちょっとでも超えたら危険なのでは?などと考えるのは過剰な心配です。

 

ちょっと飲みすぎた程度で副作用が出るような危険なものだったら、医師の許可なく買えるはずがないですね。

 

そもそもビタミンCや葉酸のような水溶性ビタミンは余剰分が排泄されやすいので、摂りすぎはあまり心配しなくて大丈夫なのです。

 

たくさん飲めばより赤ちゃんを守れる?

そうなると今度は逆に、たくさん飲むことで先天障害の発生率をもっと下げられないのか、と考える人も出てくるかもしれません。

 

これはやめてください。

 

ビタミンというものは必要量を超えて摂取してもプラスにはならないのです。

 

過剰にあっても、カラダはそれを生かすことができないのです。

 

逆に過剰症の副作用の危険が出てきます。

 

例えばビタミンAの場合、脂溶性で余剰が体から排泄されにくいため、過剰摂取で副作用が出やすいです。

 

ビタミンAの過剰症は、皮膚乾燥、無気力、食欲不振、吐き気、脱毛その他。

 

ビタミンAは、不足すると鳥目(暗い所で見えない)になり、発育不良や感染抵抗力の低下が起きる大切な栄養素。

 

なのに、摂りすぎると逆に病気になるのです。

 

葉酸も非常に大量に摂取すると、亜鉛の吸収低下などの副作用がでます。

 

ただ、水溶性ビタミンなので排泄されやすく、よほど非常識ながぶ飲みをしない限り、心配はありません。

 

ともかく、ビタミン剤は決められた量を守ってこそカラダにプラスになるんだと心得てください。

 

葉酸サプリも決められた1回分を守ってこそ、赤ちゃんの安全性を高めることができます。

 

一日400μg--それで十分であり、それ以上摂ることは害あって益なしです。

 

イチオシの葉酸サプリはコチラ