【葉酸、鉄分、カルシウムなど妊婦に大切な栄養素の説明】

葉酸・鉄分・カルシウムが大切

イチオシの葉酸サプリはコチラ

 

お腹の中の赤ちゃんにすくすく育ってもらうためには、どんな栄養に気をつけたらいいだろうか?

 

食が細かったり、好き嫌いが激しかったりするママほど心配になると思います。

 

このページでは妊婦にとって重要な栄養素をまとめました。

 

4つの重要栄養素

葉酸
  • 神経管閉鎖障害(二分脊椎と無脳症)という先天障害の発生率を1/2〜1/3に下げる。
鉄分
  • 造血の最重要成分。赤血球中のヘモグロビンに含まれる。
  • ちなみにこのヘモグロビンが酸素を輸送する機能を持っていて、かつ赤い色で血液の色の原因となっている。
ビタミンB12
  • 造血には鉄分だけでなく、葉酸とビタミンB12が不可欠。
  • どちらか一方が欠けるだけで造血は不可能となり、巨赤芽球性貧血を発症。
カルシウム
  • 胎児の骨や歯の原料となる栄養素。
  • 母体より胎児優先に栄養が流れるため、カルシウム不足だとママが骨粗鬆症になる。

 

造血に鉄分が大切なのは常識化していますが、葉酸とB12という2種のビタミンが不可欠なことはあまり知られていません。

 

しかし、葉酸が最初に発見されたのは、実は貧血の研究を通じてです。

 

ビタミンB12は知名度は低いが重要です。

 

当サイトのトップページで紹介している3つのサプリは、どれも上記の4栄養素を適切な分量含んでいます。

 

バランスの良い栄養を

ただし、上記の4栄養素だけ摂っていればいいわけではありません。

 

赤ちゃんが育つということはもうひとつの肉体が形作られるわけですから、たとえばタンパク質なんかも大切なわけです。

 

栄養の基本はサプリではなく食事です。

 

なるべく栄養バランスのいい食事を摂るよう気を付ける前提で、さらに上記の4栄養素を意識的に補給するようにしましょう、ということなのです。