【男性が葉酸サプリを飲むことで男性不妊を改善できるという説を検証】

可能性を示す学術論文あり!

イチオシの葉酸サプリはコチラ

 

男性不妊とは?

不妊の原因は実は男女半々ぐらいで、かなりのケースで「男性不妊」が原因です。

 

具体的には次のようなことです。

 

  • 精子の数が少ない
  • 精子が一匹もいない(無精子症)
  • 精子の活動力が低い
  • 奇形精子が多い

 

さて、この男性不妊に葉酸が効果があるという説が最近出回っています。

 

その真偽を検証してみました。

 

関係を示唆する海外論文は多数

まず、日本語のサイトではそういうことを書いたサイトは無数にあります。

 

しかし、医師などが書いた信頼できるものは見つけることができませんでした。

 

次に海外の情報を調べてみることにしました。

 

「male infertility folic acid」と検索すると多数のサイトが出てきました。

 

男性不妊=male infertility、葉酸=folic acidなので、日本語で言うと「男性不妊 葉酸」というキーワード検索です。

 

学術論文に限ってもかなりあります。

 

「男性不妊 葉酸」の検索結果キャプチャ

 

例えば一番上の記事は次のような内容です。

 

タイトル: Effects of folic acid and zinc sulfate on male factor subfertility: a double-blind, randomized, placebo-controlled trial

 

和訳: 葉酸と硫酸亜鉛の男性不妊に対する効果―ランダム抽出二重盲検プラセボ試験の結果

 

リンク先は「Science Direct」という学術論文データベースで、オランダ在住の6人の博士号保持者の共同論文になっています。

 

論文の結論は「葉酸と硫酸亜鉛を施すと、不妊男性と正常男性の双方において正常な精子の数が増えた。」というものです。

 

そして「不妊治療への効果まではまだわからないが、新しい道を切り開く研究」と結んでいます。

 

このほかにも葉酸と男性不妊の関係を研究した論文はたくさんあります。

 

どれもプラス材料が確認できたが、効果があると断定するところまではいかない、みたいな内容です。

 

葉酸が神経管閉鎖障害という先天障害の発生率を大幅に下げるのは、国際的に公認された事実です。

 

それに対して、葉酸が男性不妊に効くか?というとそれはまだわからないということです。

 

その一方で、こういう研究があるということは、将来は「やっぱり効くとわかった」という結論が出る可能性もあるわけです。

 

男性不妊の治療と費用

受精するためには、精子は膣、子宮頸管、子宮、卵管という苦難の旅を乗り切らねばなりません。

 

卵巣から排卵されて卵管に入り、そこで待っている卵子に出遭うために。

 

この旅の途中で多くの精子が死にます。

 

そしてやっと卵子に辿りついた者のうち、たった一匹が卵子と結ばれ、残りは全滅します。

 

(その後、受精卵は子宮に移動し、着床します。)

 

こんなシステムですから、莫大な数の元気のいい精子がいないと、なかなか妊娠はしないわけです。

 

男性不妊とは、自分で泳いで卵子にたどり着くことが出来る精子が少なすぎる状態です。

 

対策は体外受精や顕微授精です。

 

人工的に苦難の長旅を省いて、シャーレの中で出会いを作ってやるわけです。

 

費用は1回につき、体外受精が30万円、顕微授精が50万円といった費用がかかります。

 

(医療機関によって費用は大きく変わります。)

 

無精子症の場合はそれも無理なので、他人の精子を提供してもらうことになります。

 

男性が葉酸サプリを飲むのはどうか?

当サイトでは男性不妊にも効果があるので、ぜひ飲んでくださいとまでは言いません。

 

きちんとした結論が出て医学界で公認されているわけではありませんから。

 

しかし、すでに説明したとおり、もしかしたら効く可能性もあるわけです。

 

そして葉酸の第一の効能が、DNAの健全な複製を助けることであることを思い起こせば、プラスはあってもマイナスはあり得ません。

 

体外受精や顕微授精のことを思えば費用もわずかです。

 

夫婦で飲んで、ともに子作りをがんばろうという気持ちを共有できるなら、とても良いことだと思います。