【葉酸が不妊症の改善に効果があるという説を学術論文などから検証】

効果の可能性を示唆する論文発見!

イチオシの葉酸サプリはコチラ

 

「不妊に効く」は葉酸サプリを売り込むためのウソ?

葉酸が不妊に効くという記事が増加しています。

 

医師などの専門家が書いたものは皆無に近く、葉酸サプリの宣伝に関わる人の手になるものがほとんどです。

 

葉酸は神経管閉鎖障害という先天障害を防ぐもので、不妊治療とは関係ないと怒っている人もいます。

 

私もそう思っていましたが、海外の学術論文で不妊と葉酸の関係を論じたものがかなりあることがわかりました。

 

海外の学術論文を探る

例えばグーグルで「infertility treatment folic acid」と英語で検索した結果が下記です。

 

infertility treatment = 不妊治療 folic acid(folateともいう)=葉酸

 

「葉酸と不妊治療」の検索結果キャプチャ

 

かなりの数が出てきて、特に「male infertility =男性不妊」との関係を論じたものが目立ちます。

 

例えば検索結果の2番目はオックスフォード・ジャーナルの記事です。

 

英国の名門オックスフォード大学の出版局(OUP)が出しているもので、日本語版もあるちゃんとした雑誌です。

 

論文タイトル: The importance of folate, zinc and antioxidants in the pathogenesis and prevention of subfertility

 

和訳: 葉酸、亜鉛および抗酸化物質の低受胎の発症と予防における重要性

 

この中で葉酸の不足が精子の健全な発達を阻害し、男性不妊の原因になっている可能性があると論じています。

 

こういう論文が多数存在するということは、「葉酸は不妊にも効果がある」という結論が将来出る可能性もあるということです。

 

葉酸はDNAの健全な複製に重要なので、新しい命が作られる場面では、多方面に効果があっても不思議ではありません。

 

結局、どうなのか?

不妊治療への効果については、「可能性があるとする説がある」というレベルです。

 

それも主に精子の活動性や奇形率の改善で男性不妊を改善する可能性の話が主で、女性不妊との関係を論じた論文は見当たりませんでした。

 

しかし、神経管閉鎖障害という先天障害への効果の方は確定的です。

 

この障害は通常は1万人に6人くらいの発症率で、無視できるほど低くなく、症状は深刻です。

 

防止には妊娠初期が重要なため、妊娠計画段階から飲むのが欧米では常識です。

 

しかも不妊対策にはプラスの可能性はあってもマイナスはない。

 

以上を総合すると、赤ちゃんを作るつもりなら飲んだ方がいいということになると思います。

 

他の不妊対策サプリは?

もっとはっきり不妊に効果があるとするサプリを探しているなら、そういう商品も出ています。

 

赤ちゃんを授かるための「HUG maca(はぐマカ)」公式ページはコチラ

 

葉酸サプリでも人気のAFCが出している製品で、当サイトでもよく売れています。

 

「HUG maca(はぐマカ)」の詳細はコチラ