【葉酸の欠乏症、および妊婦以外の人への効能】

いつ来るかわからない赤ちゃんと自分自身、両方のために

 

イチオシの葉酸サプリはコチラ

 

赤ちゃんの脳神経先天障害(神経管閉鎖障害)の防止に高い効果が認められている葉酸ですが、それだけではありません。

 

このページでは葉酸の他の効能を説明しましょう。

 

欠乏症はまず粘膜に現れる

葉酸はDNAの生成に必要不可欠な物質です。

 

DNAは遺伝子情報が書かれた、いわば新しい細胞の設計図。

 

だから葉酸が不足すると細胞分裂、新陳代謝のさかんなところから影響が現れます。

 

一番は粘膜です。

 

口内炎や潰瘍ができやすくなるなど、粘膜の炎症が増加します。

 

消化器官もたえず古い粘膜が剥がれ落ちている場所なので、異常が現れやすいです。

 

免疫力も低下

こうして腸の機能が落ちてくると、そこに暮らす大量の腸内細菌も具合が悪くなってきます。

 

これにより、免疫力の低下が起きます。

 

ここでは解説を省略しますが、人間の免疫力は腸内の善玉菌によって支えられているのです。

 

美容にも悪影響

新陳代謝が停滞するとお肌の調子が落ちるのはわかりますね。

 

お肌のターンオーバーの停滞は、くすみやニキビなどの問題にもつながっていきます。

 

病気やけがの回復も遅れる

壊れた細胞がなかなか正常に修復されないということですから、怪我や病気の治りも遅くなり、健康にも影響が出ます。

 

貧血になる

別のページで詳しく書いているので省略しますが、葉酸の主要な作用としてDNA複製サポートのほかに造血サポートがあります。

 

葉酸が不足すると貧血になるのです。

 

自分の健康・美容のためにも葉酸

このように葉酸は健康や美容にも極めて重要です。

 

妊婦さんでなくても摂取強化した方がよいものです。

 

特に生活の不規則な人や、好き嫌いの激しい人は、食事で十分な葉酸が摂れていない可能性が高いので、サプリを活用しましょう。

 

妊娠の可能性のある女性は特に

また、赤ちゃんのためにということに立ち返っても、重要なのは妊娠に気づく前の初期段階。

 

妊活している女性、避妊していなくて妊娠の可能性がある女性は2つの意味で葉酸サプリをおすすめしたいです。

 

第一にいつ来るかわからない妊娠初期に備えて。

 

第二に自分自身の健康と美容のために。

 

イチオシの葉酸サプリはコチラ